買い物かご
Tel. 076-421-2918 info@cha-dougu.co.jp
茶道具index

茶道具きよ川 店主ブログ

 | 

千羽鶴

2018年2月20日

北陸の雪国だけに群生するユキツバキ、このユキツバキとヤブツバキとの交配によって生まれたのが「千羽鶴」、美智子様のお好みという話も有名。自生する椿があるので富山、石川には多くの品種が生まれ、富山だけでも100種を超えている。茶道・華道に欠かせない日本の代表的な花、椿。つばき文化等、日本の伝統文化の継承を通じて地域の発展に寄与することを目的に富山県つばき会が設立された。     ...

大雪

2018年2月 8日

福井の積雪の半分程度だが、ここ富山でも高速道路と鉄道が不通になるなど市民生活が混乱した。茶道をはじめ習い事の教室は駐車場の確保が大変だった。除雪してくれる人がいなければ画像のような駐車場になってしまう。臨時休講だ。 物流が混乱しているので期日指定の配送にご迷惑がかかるかも知れません。ご了承願います。   ...

大雪後の楽しみ

2018年1月15日

出張から帰ると庭木が真ん中から無残に真っ二つになっていた。50数㎝の積雪は富山では驚かない数値であるが、重みのある雪が大量に一日で積もったのが原因だった。高速道路も通行止めになり、移動に数倍の時間を要し、市民生活に大きな影響がでた。センター試験もヒヤヒヤものだった。毎年、センター試験の日に初釜をする先生も多く、こちらも大変だっただろう。明けて日曜日は打って変わって御覧のような快晴。飛騨地方の、とあ...

雪山の庵

2018年1月 7日

今年は山に雪が多く、山スキーが趣味の私には有難い冬になっている。日曜日にお茶会か出張がなければ雪山に入ることになるだろう。今日は山の麓に素敵な庵を見つけた。人は住んでいないようで雪のない時に使われているのかもしれない。下山してから囲炉裏の暖房のなかで一服、極楽 間違いなし!   ...

謹賀新年

2018年1月 1日

 あけましておめでとうございます。 皆様、お正月を如何がお過ごしでしょうか。ご家族が揃われて賑やかだと思いますが・・・    さて今年も色々なテーマに即したお茶会、お茶事が出来ますようにお手伝いしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。   ...

夜咄茶事

2017年12月28日

 夜咄茶事のお誘いがあり、喜んでお伺いした。夜咄は灯りの演出が最大の御馳走であり、廻りにある光を如何にコントロールするかが難しいと思う。お水屋の気配りと家族の協力は欠かせない。今回は至福の時を過ごすことができた。  余計な光はどこにもなく、流れるような進行。茶事を開く経験が余程多くないと、こうはスムーズにはいかないだろう。ご亭主とは二回目、連客とは初対面であったが、幻想的な光の...

冬山救助訓練

2017年12月18日

 シーズン当初山岳会で行う訓練。シートで包んで、動けなくなった仲間を下山させる。いざという時のためにこういう訓練は欠かせない。  もう1枚の画像は1メートル近い雪筒を作って、雪の状態を調べる弱層テスト。雪は降った日の気象条件によって湿雪だったり水分の少ない粉雪だったりする。雪層の接合状態によって雪崩の危険度を測るもの。冬山で最も危ないのは雪崩。巻き込まれたときの電波発信機も年々...

日本のわざと美

2017年12月15日

 今年のビッグイベントは京博の国宝展であることは間違いないだろう。こちらは近くの美術館で開催中の「日本のわざと美」展、いわば人間国宝展。あらゆる分野の文化庁などに納まる一級品ばかり200点、壮観であった。  副題が「それを支える人々」・・なんのことかと思いながら見ていると、蒔絵筆、漆刷毛の展示があり、なんと研出し用の研炭まで展示してある。しかもすべて作家名があった。これだけ充実したものは地方では珍...

小春日和

2017年12月 4日

新湊に所用で行ったので帰りに海王丸パークを覗いてみた。富山でしか見られない海からの3,000m級の山々、圧巻である。冬が一年で一番美しい。小春日和の暖かさで多くの子供たちが近くで騒いでいる。冬場の北陸で日が差すことは珍しく、こんな日は今年最後かも知れないので、私も薄着で散歩した。右の新湊大橋からの眺めもド迫力、屏風のように長く連なる立山連峰がはるか日本海まで連なっていた。   ...

ジャポニスム

2017年11月26日

国立西洋美術館の「北斎とジャポニスム」を見る機会を得た。19世紀後半、西洋では日本の美術に魅了されて、"ジャポニスム"という現象が生まれた。なかでも葛飾北斎が最も注目された。   影響を受けたのが世界のモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガン、ゴッホ、ピサロ他、多くのジャンルのトップアーティスト、その名作220点と北斎の作品110点を展示しているのだから凄い。準備にどれだけの時間を要しただろうか、...

 |