買い物かご
Tel. 076-421-2918 info@cha-dougu.co.jp
茶道具index

茶道具きよ川 店主ブログ

 | 

リフレッシュ

2018年6月18日

快晴で暖かい予報だったので趣味の沢登りに興じてきた。大きな一枚岩の表面を水が糸を引くように流れ落ちる五郎七郎瀧。岐阜県上宝村の山中、車を降りて沢を十数分登れば見ることができるが、遊歩道がないので沢装備がないと辿り着けない。もう一本左に滝があり幅20m高さ20mと広く、絶景を仲間と独占して至福の時だった。帰り際には下段の、これもこちらでは知られている川床をルンルン気分で歩いてリフレッシュ,山の緑も目...

蛍のひかり

2018年6月15日

私用でお邪魔したお宅の側を流れる小川に蛍が乱舞していた。数は多くなく50匹くらいだったろうか。人工的に放したものではなく、野生ということだった。水田の横なので近所の人以外知る人もなく静寂そのもの。幻想の世界にたっぷりと浸ることができた。 小学生の頃は市内中心部を流れる川に沢山いた。虫かごにあっという間に一杯になり庭に放して遊んでいたのを思い出す。環境の変化で町の姿は徐々に変わり、蛍狩も車で数十分走...

2018年5月21日

恒例の山菜採り。自宅から車で1時間弱、とある部落に到着する。20軒くらい家があるが住んでいるのは数軒しかない。日本の原風景の中に佇むと本当に癒される。こういう風景がどんどん失われていると思うと悲しい。山菜は取りたい放題、画像はよしなとふきだがウド・ワサビなど何でもあり。部落のお年寄りは気楽に声をかけ挨拶してくださる。気持ちの良い時を過ごせて生き返る。   ...

熊谷草

2018年4月25日

「何もありませんが、庭の熊谷草を見に来てください」とお茶事に誘われた。名前は袋状の花を源平合戦で有名な熊谷直実の母衣に見立てて名付けられたと言われる。人目を惹く優雅な姿形のために、乱獲と盗掘により自生地が激減してしまい、絶滅危惧種に指定されている。腰掛の横に咲いていた熊谷草。気品があり凛としている姿に思わず顔がほころぶ。連客の皆さんとも話が弾むというものだろう。ご亭主は土壌と日陰作りが上手くいけば...

水浴び

2018年4月21日

ガラス一枚隔てた立蹲に鳥が水浴びにやってきた。私が座っている場所と1mほどしか離れておらず、背中に水音を聞いて発見する。カメラを構えても夢中に水浴びを繰り返し、その仕草が可愛くてしょうがない。年に一度あるかないかのご褒美であろう。    ...

立山杉

2018年4月 2日

山を歩いていて巨木に出会うと有難い気持ちになりうっとりしてしまう。数百年間森の中で、人知れず厳しい風雪に耐え生き続けた生命力の図抜けた一本、その容姿は何れも独特な形を見せてくれ美しく芸術的で絵になる。巨木は土地の守り神、神木として世界中で信仰があるのも頷ける。この立山杉は寒さや雪に強く、富山県の木に指定されおり、立山黒部アルペンルート周辺に多く自生している。山スキーで来た大明神山、登山道がなく雪の...

最速の満開

2018年3月30日

今朝いつもの散歩コースに出るとなんと満開ではないか。徒歩数十秒でお花見ができて大満足。開花宣言からわずか三日で満開。観測史上最速の満開と発表された。ニュースで桜の満開が早くて催し物とスケジュールが合わず困ったという町がいくつも紹介されていた。富山は来週末が恒例のチンドンコンクール、まさか富山も仲間入りするとは・・・・ ...

開花宣言

2018年3月27日

早咲きの河津桜が山の麓で満開になっていたが、ようやく桜の開花が発表された。上野公園のお花見の様子がニュースで流れていて、こちらはまだかなぁと待ち遠しかった。ここの所20度超えが続いて一気にほころんだようで、週末には見ごろになるらしい。桜の開花は休眠打破というと天気予報で言っていた。冬季の休眠から覚めることを言い、冬暖かすぎると開花が遅れることがあるが、今年の寒波と最近の暖かさで、富山では二番目に早...

豪雪を振り返る

2018年3月 6日

日曜は22度まで気温が上がり、町の中からはほとんど雪が消えた。画像は2月中旬の我が家の中庭の様子。降り積もった雪と屋根からの落雪でガラスが割れそうだった。家を守るために庭の除雪をしたのは数十年振りだろう。雪に埋もれた庭は何の風情もなく、お茶の足しになるはずもなかった。雪はほとんど消えたので、これから雪に痛めつけられた庭木の手入れをしてやらなければならない。  ...

千羽鶴

2018年2月20日

北陸の雪国だけに群生するユキツバキ、このユキツバキとヤブツバキとの交配によって生まれたのが「千羽鶴」、美智子様のお好みという話も有名。自生する椿があるので富山、石川には多くの品種が生まれ、富山だけでも100種を超えている。茶道・華道に欠かせない日本の代表的な花、椿。つばき文化等、日本の伝統文化の継承を通じて地域の発展に寄与することを目的に富山県つばき会が設立された。     ...

 |