買い物かご
Tel. 076-421-2918 info@cha-dougu.co.jp
茶道具index

茶道具きよ川 店主ブログ

前の10件 | 

東京都庭園美術館

2019年2月28日

東京でたまたま時間が出来たので、建築関係の仕事をしている友人に誘われて、東京都庭園美術館に行ってきた。朝香宮夫妻の邸宅として、 アール・デコ様式で統一されたモダン建築が戦前に建造されている。目黒駅からほど近いが全然認識がなく、その美しさに息を飲んだ。 迎賓館として使用されていた時期もあり現在は重要文化財に指定されている。ネットの「本館の各室について」で美しい画像を見ることができる。東京は美術館の宝...

売茶翁

2019年2月23日

売茶翁の歌 獅子舞の太鼓たたかず 笛吹かず 後足になる胸の安さよ この軸を掛けていると気持ちがほっこりとしてくるので紹介してみた。獅子舞の後足は獅子頭に付いていくだけの存在。あぁ・・気楽なものよ、と詠っている。世の中、多くの人の助けがあってこそ生きて行ける感謝の念。江戸中期の黄檗宗の僧で煎茶の中興といわれる売茶翁。茶道が形式化したものに映り、茶本来の精神に返るべく、煎茶普及の活動に傾注したと言わ...

門松

2019年1月 4日

縁起物の門松は根引松を飾ったのが由来とされている。「根引きの松」はお正月用の抹茶碗の画として馴染み深い。最近、門松を飾る家をほとんど見なくなったなぁ・・という話を家族でしていたところ、近所の蕎麦屋さんに飾ってあったのを発見した。店主によると、毎年常連さんが材料を持ってきて組み立ててくれるのだという。それにしても立派な門松である。サイズがあり、竹の切り口など見事、縄結びは奥様の手によるということで、...

謹賀新年

2019年1月 1日

昨年は一方ならぬお引き立てにあずかりまして誠にありがとうございました。新しい時代の幕開けとなりました。富山の元旦に青空を拝めることは少ないのですが、今朝はスカッと晴れ渡り気分爽快で初詣に出かけることができました。今年も皆様の信頼に足る仕事をしていきたいと思います 本年も相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます。   ...

超絶技巧!

2018年12月16日

清水三年坂美術館の所蔵品の数々とお目にかかってきた。三井記念美術館を皮切りに岐阜、山口、富山と巡回してきたので、ご覧になった方も多いだろう。金工、陶芸、漆芸、牙彫、刺繍絵画など,尋常でない精緻極まる技巧に吸い込まれるようで、作品の前から動けなくなってしまう。呼吸をしていたか忘れるほどだった。多くの来館者も目が輝いているようだった。また現代作家の作品も展示してあり負けず劣らずの超絶振りで楽しい。 幕...

チャリティー茶会

2018年12月 4日

西日本の大雨、熱波、北海道の地震など、とにかく災害の多い年だった。このような一年だったので、高齢の一人の茶人による発案で、チャリティー茶会が催された。お茶仲間はもちろんのこと、多方面のお仲間が集われた。このような趣旨の茶会は全国でも多く開かれたのではなかろうか。  毎年行われているチャリティー茶会も多くあり、茶道のもつ力を感じる。趣旨に賛同して水屋のお手伝いをされた方々(子供も含めて)は笑顔でおも...

美しい音色

2018年11月 7日

11月に入り炉のお稽古が始まった。私も久しぶりに席にはいると心地よい釜の音色に心が癒される。風炉との違いはこの松風と湯気の立ち方が大きい。空気が澄み景色もよい晩秋、寒くなり火が恋しい時にどんぴしゃり炉に移り変わる。先人に感謝するしかない。 ...

花鳥風月

2018年10月26日

近くの美術館で開かれている「花鳥風月こころに響く美の世界」展。ビッグネームの作品が並んでいるので遠方からの大型バスがパーキングに停まっている。その美術館の長い廊下に書の大作があった。花鳥風月と大字があり、それぞれの横に詩がしたためてある。じっくり眺めていると気合が入った熱いものが伝わってくるではないか。美術館の人に聞くと、入口ロビーで高校書道部の女子1,2年生がたすき、はかま姿で揮毫したものだった...

これも敷松葉

2018年10月15日

雨天予報が外れて抜けるような青空が広がりお茶会日和だった。茶席に入っても何か浮き浮きする感じを覚えた。私は足を怪我して正座が辛いので立礼席だけお伺いした。風炉を拝見すると何と松葉が敷いてある、敷松葉であった。長さが揃った大きい松葉、炭に近いところは少し色が付いておもしろい。鉄瓶の火なので火力が弱く、一席ごとにほんの少し表情が変わっていくらしい。実に楽しい演出だった。   ...

また!台風

2018年10月 3日

大雨、猛暑、台風、地震 こうも続くものかと呆れてしまう。大寄せのお茶会は一年前から日程が決まっていることが多く、長い時間を掛けて準備するもの。ようやく準備が終わり本番を迎える時に台風が来られては、たまったものではない。猛烈な風雨があれば中止せざるを得ないだろう。こんなことは今年だけであってほしい。私も趣味の沢登りが天候不順で何度も中止した。画像は先月久しぶりの晴れ日曜に高山方面に遠征した時のもの。...