買い物かご
Tel. 076-421-2918 info@cha-dougu.co.jp
茶道具index

茶道具きよ川 店主ブログ

前の10件 | 

芝生屋根

2019年4月22日

今年72歳になる建築家藤森照信氏 諏訪大社を訪れた時、氏の設計した建造物に出会っているが、そのユニークさに目が点になったものだ。今回建築関係の友人に連れられて、富山へ帰る途中立ち寄ったのがラ・コリーナ近江八幡。バームクーヘンで有名な「たねや」の郊外店、家族連れで大賑わいだった。 目的は敷地内の建物見学、駐車場から芝生の広場を歩くと見えてきた。なんと屋根が芝に覆われている。中に入って奥へ抜けると菜の...

ソメイヨシノ

2019年4月 8日

土、日と近くの川縁は多くの花見客で賑わっていた。戦後、道路の街路樹として、また公園、川縁、学校などにソメイヨシノが植栽され、お花見を楽しめるようになっている。しかし近年このソメイヨシノが寿命を迎え伐採されているニュースを見るようになった。植栽の間隔が狭いことや、根元が踏み固められていることも原因らしい。近くの桜並木は押しなべて老木であり、表皮に苔が生えており、樺細工に見られるような桜特有の木肌のも...

追い風の元号

2019年4月 2日

万葉集からの出典、令和。初春の令月にして気淑く風和ぎ・・・この後に梅と蘭が続く。四季の移ろいを楽しむ日本人、冬が過ぎ春風を受ける悦び。首相談話に「人々が思いを寄せ合い文化を作っていく」とあった。普段茶道と接している者からすれば茶道精神に通じると思うのは当然だろう。万葉集もブームになり、日本文化に興味を持ってくれる人が増えればと願うばかり。今朝、季節外れの雪がうっすらと積もった庭を眺めて一服、至福の...

古式猟法

2019年3月24日

富山県の小杉町に鴨鍋を食べに行ったところ、鴨の刺身が供された。何度か鍋を食べに来たが刺身は初めての経験だった。ここでは江戸時代から続く古式猟法「谷仕切り網猟」が、わずかな人数で行われている。峰と峰の間に網を張って鴨の飛来を待つもの、身に血が回らなく傷まないので刺身になるらしい。  たまたま新鮮なものが有って賞味できたが、一羽から取れるのはほんの僅かであった。全国では通常飼育されている合鴨が食される...

東博

2019年3月19日

企画展のない東京国立博物館の常設展示を見に入った。東博の所蔵品は半端ではなく一度目にしたものが、次回いつ巡り合えるか見当もつかないので何回行っても目新しくて楽しい。一時間半あったので、興味のある所を決めて鑑賞した。   平日の午前中なのでガラガラ、思う存分美術品に浸れた。随分前の話だが東博の近くに住んでいたことがあり、自分の庭のように出入りしていたことが懐かしい。当時と大きな変化が・・・...

隠れ演出

2019年3月 4日

三月三日に大寄せの茶会があり、お手伝いしてきた。当日が雛祭りなので当然軸や茶碗に雛祭り仕様のものが使われていたのだが、私の目が釘付けになったのは、杓立てに入った飾火箸、なんと南鐐のぼんぼりであった。一双の辺りを照らすぼんぼり、なんと憎い演出だろう。繊細で華奢な作りは見事、特注品でこの日のために作られたようで、しかも一回作り直したと聞けば、ただただありがたやである。   ...

東京都庭園美術館

2019年2月28日

東京でたまたま時間が出来たので、建築関係の仕事をしている友人に誘われて、東京都庭園美術館に行ってきた。朝香宮夫妻の邸宅として、 アール・デコ様式で統一されたモダン建築が戦前に建造されている。目黒駅からほど近いが全然認識がなく、その美しさに息を飲んだ。 迎賓館として使用されていた時期もあり現在は重要文化財に指定されている。ネットの「本館の各室について」で美しい画像を見ることができる。東京は美術館の宝...

売茶翁

2019年2月23日

売茶翁の歌 獅子舞の太鼓たたかず 笛吹かず 後足になる胸の安さよ この軸を掛けていると気持ちがほっこりとしてくるので紹介してみた。獅子舞の後足は獅子頭に付いていくだけの存在。あぁ・・気楽なものよ、と詠っている。世の中、多くの人の助けがあってこそ生きて行ける感謝の念。江戸中期の黄檗宗の僧で煎茶の中興といわれる売茶翁。茶道が形式化したものに映り、茶本来の精神に返るべく、煎茶普及の活動に傾注したと言わ...

門松

2019年1月 4日

縁起物の門松は根引松を飾ったのが由来とされている。「根引きの松」はお正月用の抹茶碗の画として馴染み深い。最近、門松を飾る家をほとんど見なくなったなぁ・・という話を家族でしていたところ、近所の蕎麦屋さんに飾ってあったのを発見した。店主によると、毎年常連さんが材料を持ってきて組み立ててくれるのだという。それにしても立派な門松である。サイズがあり、竹の切り口など見事、縄結びは奥様の手によるということで、...

謹賀新年

2019年1月 1日

昨年は一方ならぬお引き立てにあずかりまして誠にありがとうございました。新しい時代の幕開けとなりました。富山の元旦に青空を拝めることは少ないのですが、今朝はスカッと晴れ渡り気分爽快で初詣に出かけることができました。今年も皆様の信頼に足る仕事をしていきたいと思います 本年も相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます。   ...